リメイク犬服の作り方~裁断編~

材料編解体編型紙編に引き続きまして、裁断編です。

犬服工房の説明書を見るとこうあります。
しかしリメイクの場合、生地量がシビアなので地の目を気にする余裕はあまりありません・・・。
利点としては古着の場合、かなり洗濯などを経ており、洗濯したら伸縮したというリスクは少ないでしょう。
ただ出来れば、元の服の上下に近い形で生地を切ってあげることで地の目を考慮します。
sakura2015030601.jpg

地の目を考慮します・・・といっていきなりですが、
一番大きい布量を要するパンツ部分は、大抵ななめ折りでギリギリです・・・・。
元服の後見頃を使うことが多いです。
それでも輪裁断できない場合は、中央に1cm縫い代をとって別々に切ったものを縫い合せて下さい。
sakura2015030602.jpg

前見頃は元服の前身頃の半身から採取。
sakura2015030603.jpg

元服の片袖から、両袖を採取。
重ねて切れると楽ですが、今回は布量が少なかったので別々に2枚切りました。
左右対称になるべきなので、別々に切る時は、同じ形に切らないように注意してください。
sakura2015030604.jpg

何故か写真を撮り忘れてしまいましたが、
元服のもう1枚の片袖から、後見頃とハイネック(表地と裏地2枚必要ですよ)を採取。
sakura2015030605.jpg

次にリブを切ります。
両袖、両足、お腹まわりをぐるりと1周する長いもの、計5本です。
あると便利なのは、カッターマット、ロータリーカッター、カッター用に金属補強された定規。
sakura2015030606.jpg

これで裁断は完了。
全てのパーツが揃いました♪
sakura2015030607.jpg

今回の余り素材たち。
リブ、丸紐、パーカーの裏表がまるごと残りました。
また何かに再利用します。
sakura2015030608.jpg

次はいよいよ縫製編です!

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
さくらママの解説にポチっとお願いします♪
にほんブログ村 犬ブログ イタグレランキング参加中☆

Comment

これが曲者
余り物…何かのためにととっておいてお蔵入り笑。
  • 2015/03/07 19:54
  • 橙Baba
  • URL
確かに!!
橙Babaさん
吹き出しました(*´艸`*)
本当にこれが曲者!!
  • 2015/03/08 09:18
  • さくらママ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。