リメイク犬服の作り方~縫製編①~

材料編解体編型紙編裁断編に引き続きまして、いよいよ縫製編です。
2日に分けてお送りします。

縫い方は色々ありますが、今回は犬服工房さんの型紙についてくる手順を再現します。
sakura2015031201.jpg
sakura2015031202.jpg

私は下部の2本針4本糸のロックを使用しますが、
家庭用ミシンでは上部の(1)直線縫い(2)ジグザグ縫いの2回縫いです。
これ以後「縫う」といったら全て家庭用ミシンでは直線&ジグザグ2回縫いです。
sakura2015031203.jpg

「②足クチにフライス布を縫い付けます」の工程。
カットしてあったリブを中裏に二つ折りにして、パンツ裾の表に重ねて縫います。
sakura2015031204.jpg

縫い終わったら裏に倒してあげれば、完成♪
sakura2015031205.jpg

「③股下を縫い合せます」の工程。
パンツの足部分を中表に重ねて二つ折りにして縫います。
②で縫い合せたフライスとの縫い目は、フライスが下に倒れるように、縫い目を上に倒してくださいね。
sakura2015031206.jpg

両足縫い終わったら表地にひっくり返せば、完成♪
sakura2015031207.jpg

「④後身頃の前見頃の脇を縫い合せます」の工程。
中表で合わせまて縫います。この型紙では後身頃が1cm長く残ります。
パンツとの縫い代になりますので、布を伸ばして横幅を合わせるのではなく、1cm長く残すのが正解。
sakura2015031208.jpg

「⑤身頃とパンツ部分のウエストを縫い合せます」の工程。
両端を中表に合わせて裏から縫います。
sakura2015031209.jpg

内側に縫い目が来て、完成♪
少しそれっぽい形になってきました。
sakura2015031210.jpg

「⑥袖クチにフライス布を縫い付けます」の工程。
②の工程と同じです。
カットしてあったリブを中裏に二つ折りにして、袖口の表に重ねて縫います。
sakura2015031211.jpg

「⑦袖下を縫い合せます」の工程。
③の工程と同じです。
袖を中表に重ねて二つ折りにして縫います。
sakura2015031212.jpg

「⑧袖ぐりを縫い合せます」の工程。
袖と身頃を中表に合わせて縫います。
慣れないうちは、面倒ですが、手縫いでしつけてから縫うと楽です。
袖のカーブが直線的で短い方が後身頃、ぐっとカーブしていて長い方が前見頃です。
この型紙は脇で縫い目がピッタリ合うように出来ていますので、それも目安にしてください。
sakura2015031213.jpg

「⑨股ぐりをパイピング始末します」の工程に入る前の準備です。
一番長く切ったリブをアイロンで二つ折り→四つ折りにします。
(市販のバイアステープの状態を作ります。コチラも参考に。)
出来るだけ均等に折ることで仕上がりが綺麗になります。
sakura2015031214.jpg

次は縫製編②!
やっと完結です!

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
さくらママの解説にポチっとお願いします♪
にほんブログ村 犬ブログ イタグレランキング参加中☆

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)